Instagram

2018年5月24日木曜日

リハビリ=筋トレ=脳トレ




人差し指を曲げる。ひとによって、一番先の関節(DIP関節)だけを曲げられる人がいると思います。

僕は残念ながら手前の関節(PIP関節)から曲がってしまいます。

先の関節だけを曲げる筋肉(深指屈筋)と、手前の関節だけを曲げる筋肉(浅指屈筋)は別の筋肉です。普通、先の関節を曲げる筋肉だけを使う必要がないので、指を曲げるとしたときに一緒に筋肉が発動して、両方の関節が曲がります。

筋肉は、沢山あり各筋肉それぞれ作用、動きが違います。


手を曲げる

そう思ったときに、この指の、この関節だけを曲げると考えることはほとんどありません。なので、脳は手を曲げるときに使う筋肉全部に指令を送るので、全部が動きます。

分けて使えるようにするには、リハビリ=筋トレ=脳トレが必要になります。繰り返し繰り返しトレーニングです。

リハビリの現場ではよく目にするものです。脳梗塞になって、半身に麻痺が出ます。脳の血管が詰まって、体を動かす領域に血液が供給されなくなり、脳からの指令が送られなくなり、体がいうことを聞かなくなります。
左の脳であれば、右の半身といった具合です。

リハビリでは、血液が供給されなくなった領域に血液が行くようにする。
脳からの指令は、神経を伝って、筋肉に伝わるのですが、脳梗塞によりその指令が伝わりにくくなります。その指令の伝わりを強化するために、その筋肉を何度も動かします。動かなくても動かそうとします。そうすることによって、遮断されていた指令が開通して、指令がいくようになり、動かせるようになります。

半身まひになった場合、半身全部の筋肉が機能しなくなります。勝手に収縮していたり、力が入らなかったり、腕を曲げて下さいと言っても、指、手首、肘、肩、全部の関節が曲がってしまいます。
協調運動というのですが、脳から指令が全部にいってしまっているからです。リハビリでは一つ一つの筋肉を強化していきます。
指だけを動かす、何度も何度も指だけを動かします。そうすることによって、指を動かす筋肉にいく神経の道を開通させるわけです。筋力を強化しているだけではなく、神経の道を開通させる意味合いも強いのです。

道ができれば、指令が伝わるので、必然と筋肉を使用することになります。

例えば、25mクロールで泳ぐ。

肩の回し方、バタ足の仕方、息継ぎの仕方を知らないと泳げません。単純に脳がそれを使う指令が送れないのです。
実際に自分で動かす、指、腕、肩、背中、腰、お尻、足。どう動かすか確認する。
それを繰り返すと、脳からの指令が各筋肉に開通します。

当然ですが、個人差があります。もともと、小さいころから色々な動きをしていれば、いままでやった動きから、似た動きをピックアップしてくるので、早くその動きができます。

以前の動きが、クロールと同じ動きじゃなかった場合、うまいこと修正してクロールの動きに近づけることができる人もいれば、違う動きのままクロールをしてしまい、フォームがいびつになってしまうことがあります。

ここがみそで、肩を回すって、外に捻ったり、内に捻ったり、上にあげたり、下ろしたりを一瞬で行います。なので、指令は肩全体を回すという指令が出ているのですが、人それぞれ、弱い筋肉、指令が伝わりにくい筋肉があるのです。どの筋肉が意識できていないか、使えていないか、或いは使いすぎている筋肉がないかを知るだけで、体の使い方が変わってきます。

厄介なのは、使えなかった筋肉を使えるようにするのには、かなりの時間を要ることもあれば、何かをきっかけにスコーンと使えるようにもなります。

意識して使っている場合は過剰に力が入っていることが多いのですが、それが無意識に使えるようになると、自然にスムーズに使えるようになります。

脳からの道がきちんと開通し、意識することなくスムーズに使えるようになる。これは、何度も使うことによって、脳がこの道は必要だってみなすので、簡単に指令を送れるようになります。

これが難しい。

何度も何度も意識する。何度も何度も使う。

なので、基本が大事という結論に戻ってきてしまうのです。


バレエでは、お腹を意識しなさい。

お腹のどこを意識する?

上?下?

深部?

意識って結局骨盤を安定させること?

お腹の意識が何を意味しているのかを考えないといけません。どのように意識してどのように使えばいいかわかるようになります。と簡単ではないんですけどね。

意識するのはいいことんなんですけど、自分が意識している動きと、体が反応した動きで、違いがある場合が多いからです。

僕は音痴なのですが、音痴な人は自分がだしている声の音のズレを認識していないのです。

僕が思って出している音と、出ている音は同じでないということです。通常ですと自分のずれがわかるので、それを無意識に修正して音を出しますが、それがわかっていないのでずれたまま音を出している。だから音程がバラバラになる。

体の動かし方も同じです。それを意識するには、客観的にみる(画像、動画など)ことで、すり合わせを行うのがいいかもしれません。

ーお知らせー
【午前】
ウォーミングアップ(側臥位:側頸部、背部、腰部、30~40本刺鍼)20分~30分
初めての方は、側について指導いたします。
斜角筋刺鍼、後頭下筋刺鍼、肩甲下筋刺鍼、上頚神経節刺鍼

【午後】
症例
・腰臀部痛
骨盤の前傾、後傾から対象となる筋肉んい刺鍼していただきます。
・下腿部刺鍼
下腿深部刺鍼(長母指屈筋、長趾屈筋、後脛骨筋など)

6月24日(日)10時~16時(1時間休憩)
場所:BABA鍼灸北京堂大阪
対象:鍼灸師
参加費:9000円  (見学 学生無料)
定員:6名  (残り2枠)

大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000
mail:ba2.hariq@outlook.jp
LINEhttps://line.me/R/ti/p/%40xza3197x

2018年5月10日木曜日

不思議な縁

横浜でお世話になっていたSです。この前生麦にいったら、先生が大阪でやっていると聞いたので、予約したいと思いまして。


横浜から戻り、大阪で開業して、もうじき2年になります。ちょこちょこと横浜の時の患者さんと繋がります。

脳内をフルに検索しますが、顔が出てこない。

電話を切ってから、陸上をやっていたSさん!

思い出した。たしか、就職で関西に行くと言っていた。次々に繋がります。他にも、LINEやfacebookで繋がっていたり、年賀状をやりとりしたり、誕生日が一緒だったり、出張の度に来ていただいたり、沢山の方と繋がっています。

他にも、娘さんが東京の北京堂に行っていたり、東京の北京堂に行っているテニス仲間に紹介されたり、競輪仲間から聞いていたり。

同じ北京堂ですか?同じやり方ですか?中国鍼ですか?と何度も聞かれます。

色々と繋がりますね。嬉しいかぎりです。覚えてくれて、わざわざ足を運んでくれるわけですから。





こんな感じのところでやっていました。懐かしい~。



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000
mail:ba2.hariq@outlook.jp
LINEhttps://line.me/R/ti/p/%40xza3197x








2018年5月7日月曜日

ヘルプマーク



こちらのヘルプマークを知っていますか?

義足や人工関節を使用している方、内部障害や難病の方、または妊娠初期の方など、外見から分からなくても援助や配慮を必要としている方々が、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成したマークです。

(東京都福祉局より引用)

ここに書かれているように、外見からはその方が病気を抱えていたり、援助や配慮が必要ということがわからない場合があります。

人の痛みや辛さというのは、わかりにくいものです。

例えば、
・精神障害を抱えている。パニックになったり、極度に疲れたり、めまいがしたりなど。

・難病を抱えている、いつ症状がでるかわからない。

・慢性疲労症候群で、長時間たっているのが困難など

妊婦さんがつけるマタニティマークをご存知の方は増えてきたと思いますが、こちらのヘルプマークはあまり知られていません。

当院では、線維筋痛症という全身に耐え難い痛みがでるという病気の方が通院されています

その方も、一見難病を患っているようには見えません。立って動くだけでも痛みが出る、少し触れるだけでも痛みがでる。そんなつらい症状です。

そういった方も、このヘルプマークを付けています。

もし、公共交通機関で見かけたら、席を譲ってください。

立っていて辛そうだったら、「何かお困りですか?何かしましょうか?」と声をかけてください。
立ち止まって動かないようでしたら、「どうかされましたか?」と聞いてください。

詳細は下のページを参照ください。
助け合いのしるしヘルプマークページ


大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000
mail:ba2.hariq@outlook.jp
LINEhttps://line.me/R/ti/p/%40xza3197x



2018年4月28日土曜日

加齢と筋の衰え

年齢を重ねると、筋力が落ちてくる。

誰もが知っている事実なのですが、もう一つ知っておかないといけないのが、サルコペニアというものです。

聞きなれない言葉かもしれませんが、訳すと「加齢性筋萎縮症」といいます。

字のごとく、加齢により筋肉が萎縮していくというものです。体重を支える足の筋肉、姿勢を維持する腹筋や背筋などに起こり、30歳くらいから徐々に始まり、50歳~60歳くらいにピークを迎えます。

萎縮だけでなく、筋肉の細胞自体も減少していきます。

脳は、使わない、必要ないとみなすと、それらに電気信号を送らなくなり、血液や酸素を供給しなくなります。人間の体を維持するのには、膨大なエネルギー、労力を必要とするので、必要最低限にしたいわけです。

自身で細胞を死においやります。これをアポトーシスというのですが、ある年齢に達すると、計画的に細胞死を行います。

これの一つが、サルコペニアといえます。

例えば、五十肩。

これもこういったサルコペニアが関与しているのではないかと考えられます。運動をしていなかった人の肩関節を構成するインナーマッスルが急激に衰え、関節に負担がかかるようになる。

筋肉は萎縮、減少しているのに、それに気が付かず、前と同じように肩を使用して、肩関節に負担がかかり炎症を起こす。

厄介なのは、減少した筋肉は再生されないというところです。

残った筋肉を太くしたり、強くしたりはできますが、増えることはないので、鍛えたとしても以前のような筋力にはなりにくいといえます。

なので、早め早めから運動をして、サルコペニアを遅くする、なりにくくしないといけないのです。

運動しましょ、運動しましょ

どこに行っても言われるのは、そういう理由だからなのです。

わかっているとゾッとしますね。お年寄りの筋力低下、姿勢の不良、関節の硬さなど、いろいろな部分で合点がいくようになります。

使い過ぎはいけませんが、やはり使ってナンボということになります。



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B

電話:06-6821-3000


2018年4月21日土曜日

おしらせ

ゴールデンウイーク期間中、通常通り診療しています。

渋滞で疲れた、遊び疲れた、急に動いてぎっくり腰になった、出かけるのが嫌なんでメンテナンスしたいなど、急なトラブルにも対応します!



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2018年4月13日金曜日

なわとび



昨日から、空き時間に縄跳びをすることにしました。

3分間ただ跳ぶ


想像していた以上にキツかったです。3分が長い。ハーハー言って終了したのはいいのですが、次の日に案の定筋肉痛です。

下腿の筋肉(ふくらはぎ)は想定範囲内です。
足首の関節を使って跳ぶわけですから、当然です。ただ、つま先立ちで跳んでいるので、下腿の深層筋も使っています。もともと、この筋肉の弱りを解消したいと思ったというのもあるのですが、指を使った地味な筋トレは続きそうになかったので、こちらにしました。

「下腿部筋肉」の画像検索結果
Cramer japanより引用

腓腹筋やヒラメ筋の深層にあります。腓腹筋やヒラメ筋も疲れています。


日頃、大人バレエをする患者さんの下腿に鍼を打ちまくっているのですが、ここが疲れるのがわかります。

あとは、ハムストリングス(太ももの裏側)の筋肉痛。ジャンプするから当然なのですが、日ごろ太ももの裏を使っていないのがわかります。ジムでデットリフトやスクワットで効いている場所と微妙に違うのですね。



一番ショックだったのは、首の筋肉痛です。顔を見上げる動作(伸展動作)に支障がでている、後ろに振り向く動作もきつい。自転車に乗っているときの、後方確認がきつい。

「頸部 筋肉 棘筋」の画像検索結果
リハトラネットから引用

ジャンプの振動で頭がブレるのを支えるのですが、こんなに弱っているとはという感じです。ラグビーをやってたこともあり、首の筋力はある程度自信はあったのですが、使っていない証拠ですね。

自分で鍼しておきます。(笑)


日曜は、勉強会開催のため休診させていただきます。


大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2018年3月30日金曜日

掲示板


線維筋痛症や慢性疼痛で悩む患者さんの意見交換、情報交換の場としての掲示板を作りました。

最近、レディーガガが線維筋痛症だということを公表して話題になりましたが、どういったものか知らない人もいるかもしれません。

簡単に言うと、全身に耐え難い痛みが起こる病気です。想像できないかもしれませんが、常に全身が痛いのです。体に触れるくらいの刺激でも痛みを伴います。

痛いので全身が強張り、常にマックスの筋肉痛があります。

痛みのため眠れません。薬もあまり効果がありません。そんな過酷な状態なので、内臓の機能にも影響をきたしますし、大量の薬を服用するので副作用で便がでなくなったり、尿がでなったりもします。詳しくは下にリンクしておきます。

線維筋痛症友の会のページ

そんなひどい状態がいつまでも続くのではないか?
痛みがもっとひどくなるのではないか?

出口の見えないトンネルに、精神的にも参ってきます。そんな状態で一人になってしまうと、良いことは考えられなくなるので、どんどん悪化してしまいます。

同じ境遇で良くなっている、こんなことをしている、こんな治療をしている、こんな経過をたどる、薬との向き合い方、病院や治療院との向き合い方など、経験しているものでしかわからないことを共有していただき、ドロップアウトしないように、少しでも解決の糸口が見つかるように、不安なことを相談できるように、適切な情報を苦しんでいる方が知りえるようにとの思いで作りました。

周りで困っている人がいたり、逆に克服したという人がいたら、下の掲示板を教えていただいて、書き込んでいただけるようにお願いしていただけると幸いです。

線維筋痛症・慢性疼痛と闘う掲示板



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000