Instagram

2017年12月16日土曜日

選択肢

12月も半ばです。

皆さんはクリスマスはどうされますかね?サンタさんは来てくれますかね?

うちの子供は5歳なので、当然ですがサンタさんを信じています。誕生日以上に楽しみにしているのではないでしょうかね。春だろうと、夏だろうと、クリスマスってまだ?なんて聞いています。

うちでは、プレゼントをサンタさんからと、私たち夫婦からとを分けています。面倒といえば面倒なのですが子どもの夢を大事にしたいなって理由で親ばかをしています。

でサンタさんには、トミカのハイパーレスキューのおもちゃが欲しいとお手紙に書いていました。
amazonから引用
こんなやつです。これは早々に注文して鍼灸院に置いているのですが、休みの日に梅田に行く用事があったので、子どもとヨドバシのおもちゃ売り場に行ったんです。

パパとママからクリスマスプレゼントあげるから、何がいい?

息子は、おもちゃ売り場のおもちゃを取る度にあぁでもないこうでもないと呟いています。

どうやなんか決まったか?

決められない~~。

ボチボチ時間やから早く決めや。

またあちこち歩き回り決めたのが妖怪ウォッチのおもちゃでした。

それでえぇんやな?よっしゃ、そのかわり、クリスマスになるまでおもちゃは開けたらあかんで、開けたらサンタさん来てくれへんから、手紙に書いたバックドラフトはもらわれへんで。

嫌や

嫌やちゃうわ。パパとママからのクリスマスプレゼントやから、今開けたらクリスマスプレゼントにならへん。開けられへんでも、25日まで待ってたら、サンタさん来てくれてバックドラフトと妖怪ウォッチ両方で遊べる。それまで我慢し。

嫌や。遊びたい。

25まで待ったら遊べるからえぇやんか

無理や。待てない。絶対待てない。開けてしまう。遊びたい。

それやったら今買わないで、25日にパパ買うわ。

嫌や。

えぇけど、買って開けたらサンタさん来ないで、バックドラフトはえぇんか?

嫌や~。

嫌や嫌やて、25日まで待ったらえぇやんか。そうしたら両方もらえる。それでえぇやろ。やからちょっとだけ待ち。

じゃーこっちやったら?(少しちっちゃいおもちゃを持ってきます)

それでえぇんやたらえぇけど、25日まで開けたらあかんで。

ぇ~そんなん嫌や。じゃーっこっちは。

あのな。プレゼントを変えても早く開けへん。25日までは開けられないねん。

なんで。

だからな。それまでに開けたらサンタさんきてくれなくなるやんけ。ちゃんと嘘つかないでいい子にしてるところに来てくれるねん。サンタさんはみてるで。

嫌や~。

そこで息子が嫁に耳打ちしています。それによると
サンタさんのバックドラフトはいらないから、今買って開けていいかな?

ということでした。
そんな選択肢衝撃的じゃないですか?(笑)その選択肢は、僕ら夫婦の思う選択肢にはいっていませんでした。どっちにも似ていない…。

目の前のものしか見ていません。すごいのかあほなのか...。

最後はあきらめたと思いきや、箱だけ見せてもらっていい?

あほか。紙で包んでもらうし、手の届かないところに置いとくから、触ることもできません。

えぇ~。触るだけやからえぇやん。

もーえぇわ。


親子そろって馬鹿というオチです。(笑)
ただただ疲れました。自分の価値観や考えを押し付けたりするのはいけませんね。


2017年12月8日金曜日

耳鳴り・難聴

翳風

耳鳴りや突発性難聴の治療に用いられるツボです。
場所は、耳たぶの裏側にある下顎骨と側頭骨の間にある凹んだところです。

翳風の翳という字は、隠すとか蔵すという意味で、風は風証に関わる場所ということを示しています。

風というと、風邪がわかりやすいですね。風の邪が体に入ることにより、発熱、悪寒、全身のだるさ、鼻水などの症状が出る。

字の如く、風が全身を駆け巡るので、全身がだるくなる、関節が痛むなどの症状が出る。イメージです。扇風機でずっと風を浴びていると、乾燥して喉、鼻、目、体の水分が奪われると、免疫などを司る粘膜が乾燥するとウイルスが体に入りやすくなります。
風邪のウイルスは冬場や乾燥している時に猛威をふるうので、風のイメージと合致しますね。

中国では、脳梗塞、脳出血のことを中風といいます。

病気の症状として、急に倒れるので、風で倒されるようなイメージ、中は真ん中や中心ですから、1本の棒のように立っている人が真ん中から折れる、倒れる。そんなイメージですね。

風というのは、目に見えません

ピューと風がふく

風圧を感じる

砂嵐のように、チリやごみを巻き上げているものをみる

風のヒューヒューと、耳の関わりです。無理からでしょうか?(笑)
キーンとかジーッとかそういう音は、風によってもたらされたと思っても不思議ではありません。
実際、風邪を引いたとき、耳鳴りがすることがあります。鼻づまりや、熱により、耳がくぐもってしまったり、聞こえにくくなったりすることもあります。

耳鼻咽喉科というくらいですから、耳鼻喉は密接に関りがあります。全て繋がっているので、一つやられると全てに影響が出ます。患者さんの中にも、風を引いたら耳鼻科にいくという方も多いですね。
古代の人は、そういった関連から風との関わりを考えたのかもしれません。

さて、この場所。イメージだけではないんです。

この奥には、脳から出る、顔面神経、舌咽神経、三叉神経、迷走神経、副神経が通ります。また、脳にいく椎骨動脈或いは頸動脈も通ります。

耳鳴りや難聴は、耳でも内耳といって、耳の奥の問題がほとんどなのです。なんらかの影響で内耳にある有毛細胞に支障をきたす。耳の奥なので、直接のアプローチというのはできないんです。鍼灸に限らず、現代医学でも同じです。

椎骨動脈の血流改善が内耳にいく迷路動脈の血流の改善につながると考えられていますが、確かなことはわかっていません。

直接アプローチできないのですが、舌咽神経や顔面神経の枝が中耳の鼓室を通っていたり、内耳道で顔面神経と内耳神経が隣接していたりと、なんらか刺激が送れるのではないかというところです。

刺鍼は、5㎝くらいいれる場合もあるのですが、細かい血管や神経もあるので、敏感な場所でもあります。
ここの刺鍼は苦手というかたもいらっしゃいます。

うちの師匠は、2寸(6cm)の鍼を入れて、耳の奥に響かないと効果はないと言っているのですが、皆さんがそれをできるわけではないので、深さに拘らず試してもいいのではないかと思います。
苦手意識を持ったまま刺鍼して、患者さんに痛い思いをさせて、効果がないで終わっていたら元も子もないです。

頚部、顎部の緊張を取る。
リラックスしてもらう

しっかりとここをクリアするだけでも、効果の出る方もいます。

また、耳鳴りや難聴の憎悪因子をしっかりと説明して、そういったものになるべくさらされないようにしてもらう、それだけでも随分と違うと思います。

或いは、深く刺鍼するほうがいいですが、翳風にパイオネックスなどの皮内鍼を貼って試してもいいのではないでしょうか。

治療法に囚われすぎないように、柔軟に対応していただければと思います。






2017年12月4日月曜日

肩こり

肩こりの方は、多いと思いますが、肩こり解消法ばかりにフォーカスされすぎで、なぜ肩こりになっているかということに重きを置いていないのかもしれません。

ダイエット法ばかりに目がいき、なぜ太るかに意識がいっていないのと一緒です。

原因となることを一つ一つクリアすればいいはずですが、そこはあきらめというか、わかっているんですけどね~で済まされているように思います。

当院でも、肩こりでいらっしゃる方も多いです。うちでは、肩こりの指導というより、その人の肩こりの原因になることを指摘する。

そこに力をいれています。理解してもらう。

なぜ、指導ではなく、指摘かというと、指導をしてもほとんどの方がやらないからです。強制力や危機感のないもの、本人が重きを置いていないものには、なんら労力を費やしません。

なので、あくまで指摘になります。

・この姿勢が肩こりになるという、具体的な姿勢を示します。
・スマホを持っている姿勢を示す
・パソコンに向かっている姿勢を示す
・筋肉の性質として、何もしていないと縮こまっていく
・寝る姿勢はどうか
・呼吸はできているか
・考え込みやすく、寝ている時も力が入っていないか
・血圧が高くないか
・歯ぎしりや食いしばりをしているか
・ストレスの度合
・睡眠時間はとれているか
・運動ができているか
・リラックスする時間があるか


当たり前のことかもしれませんが、当たり前のことを当たり前に出来ていない方が肩こりになっているので、そういったところを自覚してもらうことから始まります。

わかっているんですけどね~

ほとんどの方が、このような感じです。そう言っている間は変わることはありませんので、鍼灸院に定期的に来てくださいね。ということになります。

僕自身は肩こりをほとんど感じません。

・姿勢がいい
・筋力がある
・睡眠時間がとれている

自分自身が感じる、肩こりにならない所以というものでしょうか。この3つが大きいと思っています。

小さい頃から姿勢を正せと言われていたおかげで、背筋を伸ばして過ごしてきました。これってかなり大きいと思っています。父親に感謝です。

猫背の人は、背筋の機能を生かせていない。背筋がない、筋力がないのとは違います。筋力測定をしても差はないと思います。
背筋が伸びているというのは、背骨につく、細かな筋肉を使っているかどうかです。


ここで重要なのは無意識に使えるかです。

無意識に使うってどんなんやねん??

例えば、一度乗れるようになった自転車。意識しなくても乗れますよね。勝手にバランスをとっています。乗るために、足だけでなく、お尻腰、背中、腕、肩、指など、様々な筋肉を使っていますが、意識していません。

背筋を伸ばそうと思わなくても、当たり前のように背筋を伸ばしている。

これは、何度も反復することにより、脳がインプットします。小さいころ、親に指摘されることにより、当たり前のようにできるようになりました。

意識していないと、重力に抗うのが面倒なので、使わなくなり猫背になっていきます。

猫背になると、体の重心がずれるので、不安定になります。重たい頭を支えないといけないので、頭を支える首、肩には大きな負担がかかります。そのために肩こりになります。

それらで重要なのは、姿勢維持筋である多裂筋や棘筋、半棘筋などです。

丸まっている背中をまっすぐにしようとして、これらの筋肉を過剰に使うために肩こりになる。


「半棘筋」の画像検索結果
「フィットネスのブログより引用」

筋力がある
当たり前なのですが、支える筋力がないと負担が増す一方です。上の姿勢を意識していることにより、姿勢維持筋の筋力があるので、負担が少ないということになります。

睡眠がとれている
わりと寝ています。朝早いですが、夜も早いです。人間睡眠がしっかりととれていると、ある程度体の緊張はとれます。もちろん睡眠の質にもよるので、ただ睡眠時間がとれていればいいかというとそうではりませんが。

ここまで読んだらおわかりかと思いますが、姿勢というのが一番大事ということになります。


大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

年末年始のお知らせ



1月1日(月)~1月3日(水) 休診
12月31日(日) 15時(最終受付14時)まで

12月に入り忙しくなってきましたね。仕事が忙しくなったり、忘年会などで体調を崩してしまいます。また、車やバイク、自転車など運転が荒くなって、事故が多くなります。

時間に余裕をもって、一旦深呼吸してリラックスしていきたいものです。

疲れのたまっている方も、体調の悪い方も、体調を整えたい方も、鍼灸でリラックスしていただければと思います。



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000





2017年12月3日日曜日

エアコンの取り換え

エアコンが故障して1か月くらい、電気ヒーターが頑張ってくれました。

さて、うちの院はもともとマンションの駐車場だったところです。江坂という場所柄、車利用の入居者がいなかったようで、区切ってテナントにしています。

そのため、電気、ガス、水道、電話、インターネットなど、全て後付けになるため、工事する際は、個人個人でやらないといけません。

マンション自体には、光回線がきていますが、うちには1戸建ての線を引くことになりました。2件隣の美容院は、居酒屋さんのガスを分けてもらっていたり。エアコンも隠蔽配管というやつで、ちょいとややこしい。排水が外ではなく、内装の中に排水?がいっています。そのためエアコンの両側から配線、配管が出ています。


とりあえず手慣れた感じで、さくさくと外してくれています。配管カバーもうまく流用していただきキレイに仕上がりました。

エアコンはネットで購入し、取り付けはエアコンの取り付けを行っている業者に依頼。

引っ越しの際の家のエアコンもそのようにして購入したのですが、どの分野もそのような感じで分業、委託が進んでいるように思います。引っ越しもトラックに積み込みなどは引っ越し業者で、移送は配送業者が行うと言っていました。
カフェなんかでも、自分の店で作ったり、仕込みなどをほとんどやらない店も多いようです。
なるべく在庫を抱えない、人件費をかけない。そういったことがどんどん進んでいます。

私たちの業界はどうかというと、原材料というものがほとんどかかりません。鍼代といってもそこまで大したことはありません。

技術、指導、時間にかかる料金

ということになります。これを分けるというと、時間と技術は切り離せません。技術を分けることは可能かもしれません。指導を分けることも可能です。

患者さんの多いところや、大きな店舗は、問診や触診担当、施術担当、マッサージ担当、そのように分けているところもあります。

或いは一人でやっていても、難病専門、女性疾患専門、美容専門、腰痛専門など、分野に特化してやっているところも増えてきました。

うちは、いまのところ一人でやっていますが、ゆくゆくはトレーニング部門やリハビリ部門のように施術以外の部分を設けてやっていきたいなーと思っています。まぁいつになることやらですが、そんなイメージを持っています。


大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2017年11月25日土曜日

研修会の感想・リクエスト  その2

「問診~支払いまでのトークスクリプト」


文章にするのは難しいので、施術を受けに来ていただければと思います。来院される、鍼灸師の患者さんでも、一般の方と変わらず説明をしたり、プロメテウスを見ていただいたりします。
それか、見学に来ていただいてもいいかもしれませんね。



「灸頭鍼やパルスをどういう感じで使い分けているのかを知りたい。」


灸頭鍼は、冷えが原因の方、精神的な緊張の強い方、こりや緊張の強い方に用います。置鍼中に赤外線をあてるので、それでも十分ですが、局所の熱感をより高くし、深部に浸透させるイメージで利用しています。
熱感があるだけで、リラックスしますので、交感神経の過緊張の方、ストレスを感じている方にも有効と考えています。

北京堂のやり方では、パルスをあまり用いません。パルスを使っているのを見たのは、頭鍼の時くらいでした。脳梗塞後の治療やてんかんなどの治療に用いているのをみました。
当院では、坐骨神経痛、陰部神経刺激などの治療に用いることがあります。基本的には、鍼のみで効果がいまいちだった場合に用いることが多いです。


「鍼のひびきについて、どう患者さんに説明しているのか」


筋肉をターゲットとしている北京堂の鍼は、からだに刺鍼すると様々な反応がでます。
・ズシーンと重たい
・スキンと患部に感じる
・腫れぼったい
・じわんと温かい
・ビリッとしびれるような感じ

こういった反応を鍼灸師は、「はりのひびき」といって、患部に効いているかどうかなどの目安にいたします。中国では、このひびきがないと効いていないと判断します。

痛みがあったり、疲労があったり、状態がよくないと、筋肉が緊張し、体が強張っていきます。そんな固いところに鍼を入れると、体は防御反応で一時的に固くなり、鍼をギュッと締め付けます。そうすると、上に挙げたような「ひびき」を感じます。

北京堂では、鍼をうって20分~40分くらい置くことによって、そういった緊張をじわりじわりと緩めていきます。刺鍼直後は、刺激や緊張もあり、交感神経が優位になり、からだが固くなりますが、時間をおくことによって、全身の血流が良くなり、体温が上がり、リラックスすることにより、副交感神経が優位になってきますので、筋肉の緊張が解消されていきます。

状態のいいところ、柔らかいところに鍼をすると、極端にいうと豆腐に鍼をしているような感じなので、鍼への締め付けも少なく、患者さんご自身は打たれている感覚を感じませんし、鍼灸師も手ごたえがあまりません。

当院のように、しっかりと刺入しない、表面にしか刺さない鍼ですと、このような反応はほとんどでませんし、日本の鍼灸師はこのひびきをあまり重視していません。鍼のひびきよりも、脈に変化があるかなどを重視する傾向にあります。

どちらがいいというものでもありません。最終的な目的は同じですが、ターゲット、診ているものが違うということです。


大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

ヘンナーベンダー

街に喋る自動販売機があったら立ち止まるだろうか。


知り合いがヘンナーベンダー「人力顔面絵描販売機」なるものをやっている。簡単にいうと似顔絵をかいてくれる自動販売機です。



高度なAIが話しながら似顔絵を描いてくれるというファンタジー?です。中に人が入っているんですけどね。ゆるキャラや戦隊ものヒーローなんかと同じですね。


いい意味で実にくだらないわけです。これが面白いと思えるか、くだらないと思うか。そのままスルーするか、お!なにこれ?ナニコレ?と思えるか。

ある程度年齢を重ねると、驚きや感動、気持ちの起伏が少なくなってきます。

ネタやオチだってわかるようになってきます。日々の仕事や子育てに追われていると、時間も惜しい。忙しい。

それでいいんかな?

時間、効率、損得勘定。

人生を楽しむ、豊かにする、もっと大事なものがあるんじゃないか。
別に何かあったわけではありませんし、何か悟りを開いたり、宗教に傾倒しているわけでもありませんので悪しからず。(笑)

うちの患者さんで、照明デザインをされている方がいます。その方が、京都の地下鉄やったかな?の証明をデザインしていて、その構内の照明が星座の形になっていると言っていました。

どこかに説明をかいているわけではないそうで、「あれ、この照明何か違う?あれ何やろ?よう見たら星座になっている。」そんな感じで立ち止まってみてもらえたらいいな~と思ってと言っていました。

駅の照明なんか気にしたことないですよね。日常の何気ないことに気がつく心の余裕というか、前やスマホの画面ばっかり見ていないで、色々なものを見る余裕というものがないなーと思ったんですよ。

40歳を前に、せわしない毎日を送っていると、色々なものを置き忘れている気がします。

皆さんはいかがですか?通勤の毎日スマホばかり見ていませんか。


こちらのヘンナーベンダー、今日明日と「Life‘s  堀江店」に設置されています。興味のある方は是非。

Life's 堀江店
〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江2丁目17-2 1F&2F

Mon-Sat
11:00-20:00
Sun/Holiday
10:00-19:00