Instagram

2016年11月29日火曜日

11月30日(水)休診とさせていただきます。

寒くなってきましたね。

11月も終わり12月に師走感が漂い忙しくなってきますね。

巷では、インフルや胃腸炎などが流行っているようで、注意が必要です。

手洗いやうがい、マスクなどをしていても、本人が弱っていては元も子もありません。しっかり、睡眠をとって、疲れを溜めないようにして免疫力が高い状態をキープできるようにしてください。


11月30日(水)は休診させていただきます。



年末年始をどうするか悩んでましてね~。何かイベントかサービスをしてやろうかと思案中です。

ストレス疲労をとるリカバリープランのようなもの
お灸づくしのもっとホットプラン(笑)のようなもの
柔軟性アップのシンプル鍼のようなもの
頭だけの、脳内スッキリプランのようなもの

悩ましい~。

とりあえず年内31日まで営業はすると思います。

 
 
大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

消えたページ

北京堂のページが閲覧できなくなっていますね。


知り合いの先生が教えてくれたんで、パソコンで見てみると確かに見れない。

not found


と表示されています。

北京堂のページというのは、師匠の浅野先生のページです。パソコンが壊れたとか言ってたし、なんかあったんかな?

まぁ時期に表示されるんじゃないですかね。なんて言ってても変化がないようなので、師匠に聞いていみると、ホームパージのサーバーに使っているニフティがホームページサービスを終了したとのこと。

20年使ったページが使えなくなったそうです。

鍼灸師にとっては勉強になる、マニアックなページだったんですけどね。それがなくなるってびっくりです。

ニフティも急に終了したわけではないでしょうから、何らかやりようがあったんちゃうかな~と思いますけどね。そこはまぁデジタルなようでアナログな先生なので仕方ないですかね。いやアナログというか変なとこ融通が利かないというか。まぁまぁご愛敬でしょうね。

とりあえず、トップページだけはあるようなので、それをリンクしておきます。そのトップページもまぁ謎なんですけどね。(笑)

北京堂本院



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月25日金曜日

マップ

アップルのマップ
ようやくアップルのマップにも登録されました。iphoneユーザーがどこまでアップルのマップを使っているかわかりませんが、これで検索するとうちのBABA鍼灸北京堂大阪の名前が出てくるようになりました。

地図アプリは、圧倒的にグーグルを使っている方のほうが多いと思います。ただ、日本はiphoneユーザーが多いので、ホームページの訪問者を見てもSafariのパーセンテージが年々高くなっています。

当たり前ですが、検索に関してもパソコンで検索する人より、スマホで検索している数のほうが多くなっています。
パソコンを持っていない人でも、スマホは持っていますからね。時代は変わっています。

iphoneユーザーの方は、マップで検索してみてくださいね。

今回、はり治療でカテゴリー登録しているのですが、なぜかマッサージセラピーとなっています。訂正をお願いしましたがどうなることやらです。


大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月24日木曜日

競輪

Wikipedia引用


横浜でやっているときは、花月園競輪所(今は閉鎖)がすぐ近くにあったせいか、競輪選手がちょこちょこいらっしゃっていたんです。筋肉が大きいので、通常の長さの鍼じゃ届かないのと、体が資本ですから、けがや痛みは常にある方が多いようです。

昨日は大阪では初ですね。競輪選手が来院されました。写真は、その方とは関係ありません。

今まで、診てきた競輪選手はケガや生傷が絶えないような感じでした。競輪って、一般的になじみがないので想像つかないかもしれませんが、レーンが決められているわけではないので、他の選手と接触しますし、体を当てることもルール違反ではありません。なので、転倒することが多いんです。

まぁ、その駆け引きも含めて競輪の魅力なんですけどね。生傷が絶えませんし、骨折もしょっちゅうです。

けど、いらっしゃった選手は骨折をしたことがないと言ってらっしゃいました。聞くと、先行逃げ切り型らしく、あまり選手と接触することがないそうな。

なるほど~。

ということは、今までは先行逃げ切りの選手はいらっしゃってなかったということですね。いや~当たり前なんでしょうけど、おもしろいものです。そりゃ、先頭を走っていたら接触が少なくなり、転倒や巻き添えを食らう心配はありませんからね。

ケガをしないというのは、スポーツをやる上ですごく重要です。ケガによって選手寿命が短くなったり、断念せざるをえなかったり、あるいはパフォーマンスが落ちたり、メリットはありません。ケガによって気が付くことなどいいほうに転ぶこともありますが、ないにこしたことはありません。

競輪選手は選手寿命の長いスポーツです。少しでも、ケガや痛みなく過ごせるよう、お役にたてれたらと思います。



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月22日火曜日

11月23日(水)勤労感謝の日も通常通り営業しています。

明日から冬らしくなってくるようですね。

寒いのが苦手な私としましては、今日のような天気が続いてほしいものです。

さて、明日は勤労感謝の日ですね。そんな日も勤労してますんで、疲れを取りたい方はご連絡を。

不意なギックリ腰や寝違えにはお気を付けください。



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月21日月曜日

急性腰痛

うちは日曜日も営業しているので、急な痛みや、ぎっくり腰などの問い合わせがあります。

基本的に日曜日や祝日というのは、医療機関や他の治療院などは定休日のところがほとんどですからね。

昨日の方は、ぎっくり腰の症状でした。

朝起きたら、痛みで起き上がれない。寝返りがうてないというものでした。いらっしゃったときも前かがみで上体が伸びきらないようでした。座っているのもしんどいようで、肘置きにつかまりながらつらそうです。

何でもそうですが、原因は何かです。

・いつなったのか
・動きの中でなったのか
・重たいものを持ったり荷重がかかったのか
・どのような姿勢でなったのか
・痛みが出る前はどうだったのか
・何か既往歴があるのか
・腰以外の痛みはあるのか
・安静時痛があるのか、どの動きで痛みがでるのか
・姿勢、傾き
・年齢

いくつか挙げてみました。

よくある、重たいものを持った時になるぎっくり腰の場合、腰の筋肉、靭帯、関節への急な負荷がっかかることによる捻挫のようなものです。

そういった場合のセルフケア

冷やすor温める?

冷やすようにしてください。ただ、自分で腰を触ってみてください。熱っぽい?冷たい?熱っぽかったら冷やす、冷たく感じるなら温める。よくわからなかったら冷やしてください。

なぜ冷やすかというと、捻挫のようなものと言ったように、炎症がでて発痛物質がたくさん出てきているので、冷やしてとりあえず炎症を抑えないといけません。

きっかけなく徐々になったぎっくり腰の場合、腰の筋肉の疲労が重なることによる筋肉の痙攣・ロックと思っていただいたらいいと思います。

冷やす?or温める?

熱感なんかもないので、温めてやりましょう。温めて、ストレッチをして、筋肉の痙攣を解いてやるといいです。急な動きはよくありませんが、痛みの範囲内でゆっくり動かしましょう。

さて、治療する側からすると、どの筋肉を傷めているかを見極めなくてはなりません。腰の筋肉だけにフォーカスした場合

腰の前屈
1、股関節から屈曲
 
 

腰の前屈2
2、腰から屈曲


腰を前屈するときの動き
1、股関節あたりから、前かがみをしている。
2、腰から、前かがみをしている。


使えている筋肉が違ってきます。
1ができる場合、腸腰筋を使って前屈しているので、その筋肉は正常に働いています。なので、背中側の多裂筋や脊柱起立筋の緊張が原因のぎっくり腰になります。

2ができる場合、背中の筋肉が使えているので、腸腰筋が原因のぎっくり腰になります。

1、2どちらもできない場合は、両方の筋肉がやられているので、両方の緊張を取らなくてはなりません。


前かがみの姿勢で腰をまっすぐ伸ばせない場合
腸腰筋の緊張が強く、丸まっているため、腸腰筋を緩めないといけません。寝ていても横向きにならないとしんどい状態です。

座っていて立ち上がるときに痛い場合
これまた腸腰筋の緊張が強い状態です。座っているときというのは、腸腰筋が縮んだ状態です。この筋肉のぎっくり腰だとさらに緊張が高まった状態なので、起き上がるときに固まって伸びないわけです。ロックされています。なので痛みがでる。

ストレッチする際も、この動きを自分で見て、丸まってストレッチするのか、反ってストレッチするのかを考えていただければと思います。

腰以外で診ておくこと
背中、お尻、足の筋肉です。

上の1の場合、腰だけでなく背中がガチガチになっていることが多いので、そちらの緊張を取らなくてはいけません。

お尻の筋肉のチェック、お尻の骨の出っ張りに圧痛があるかどうかをチェックです。
腰部の筋肉だけでなく、仙腸関節性のぎっくり腰の場合があります。
骨盤の縁を触ってもらって、縁を触りながら肛門に向かって下がっていくと、骨の出っ張りが出てきます。そこは上後腸骨棘といううんですけど、上のぎっくり腰の場合、そちらに圧痛が出てきます。そこを押さえて痛い場合は、臀部の筋肉、梨状筋などの緊張をとるようにしましょう。
ここのぎっくり腰の場合、寝返りをするときや座っていて立ち上がるときなどに痛みが出ます。

座っていて立ち上がるときに痛い場合
臀部の筋肉が緊張していることが多いので、合わせてチェックしていただくといいでしょう。ここの緊張が強いだけで、腰の痛みに影響を及ぼします。

ほとんどが、上に挙げたような例がミックスしていることが多いです。痛みが強い場合、おなじ姿勢がつらい時など、それが一番の原因かをしっかり把握できるかが大きなカギになります。

どの筋肉に対しても鍼灸は対応可能です。ミックスされていて色々な筋肉に緊張がある場合、一番悪さしているところを把握できなかったり、緩み切らなない場合があります。そういった場合は、数回かかりますので、動き、緊張しているところ、痛むところ、色々チェックして一つ一つ取り除いていきましょう。



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月20日日曜日

サービス精神

鍼治療の刺激量というのは、難しいものでいい塩梅というのは常に模索中です。

おいおい今更大丈夫かと思わるかもしれませんが、常々思案します。弱すぎてもダメ、強すぎてもダメ。ドンピシャというのがいいんですけどね。

大阪に来てから、地元ということもあり友人や友人の紹介などで来てくれることがあります。状態のよくない人もいるんですけど。そういう場合って大体が、そんなにひどい状態でないことが多いんです。

鍼灸ってどんなんかわからないけど、知り合いだと一度受けてみたいとか、挨拶がてらに行くし、せっかくやからどんなもんか受けてみようのような感じもあります。


鍼灸の魅力を存分に感じて欲しい。

奥に響く感じを体感してほしい。

良くなってほしい。

まぁ、そんなサービス精神みたいなものが、ついつい出てしまうわけです。症状が軽症でもせっかく来てくれているから、色々な要望に応えようと。

知り合いでなかったらと言うと、手を抜いているみたいに思われるあるかもしれませんが、そうでなく冷静に判断を下すわけです。これ以上はあかん。と。これくらいで様子みて、次の反応をみようと。なるところが、知り合いだと関西流にいうと、えぇ格好するわけですね。

うちの師匠もそうなんですけど、テンション上がって話が盛り上がると、ついつい手が早くなったりね。いけませんよね。

それと、横浜でやっているときは、ある程度状態の悪い方の来院が多く、流暢なことを言っている場合じゃないので、ガツンガツンとやらないといけなかったんです。紹介の方の比率も高かったので、そういった場合はある程度覚悟をしていらっしゃっていたというのもあるかもしれません。

別に何かやらかしたわけではないんですけど。改めて気を付けないとな~と施術しながら思っています。


大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月18日金曜日

姿勢を正す

姿勢を正す。

首の痛みや肩こりのある人は、姿勢を正しましょう!と必ず言われると思います。姿勢が悪いから肩こりになるのだと。

そりゃそうで、言われなくてもわかってますよね。はい猫背猫背、わたくしは猫背です。(笑)

そんな感じかもしれません。

けど、姿勢よくした、しんどいんですよ。逆に張ってきてつらいです。

姿勢が悪くなる要素って色々あると思います。
・下向きの姿勢が多い
・なで肩
・目が悪い
・親も姿勢が悪い
・気を抜くと悪くなる
・筋力がない

こんなところでしょうか。厄介なのは割と長期間こういったことを続けてきたから、姿勢が悪くなっているわけです。

それを正すって結構大変なんです。巷では、骨盤の歪みをとったり、ストレッチしたりすると治ります!なんて謳い文句が並んでいます。

もちろん、よくなると思います。ただ、どれも一時的なんです。そのときよくなっても、上に挙げるような悪くなる要素のことをやっていると、結局すぐに戻ってしまいます。

ダイエットと一緒で楽してとか、近道ってないんですよね。鍼灸でもよくなりますか?と聞かれますが、残念ながら一時的です。そんなに甘くありません。

結局のところ、上に挙げたような悪くなる要素を継続的に正さないといけません。

しかし、正すといっても、もともと悪い姿勢でかたまってしまっています。正していたらしんどいわけです。骨盤矯正、ストレッチ、整体、鍼灸なんでもいいです。それらにプラスα自分でやる。

・悪い姿勢の時に使う筋肉を緩める
・良い姿勢の時に使う筋力のアップ

上の二点につきます。急に萎えるでしょ。(笑)結局そこなんです。

お年寄の背中って、大体の方が丸くなっていきます。姿勢が悪いとかはもちろん、筋力が低下するからんです。
背骨を支える筋肉が低下するから、支えきれなくなって丸くなってきます。

筋力がないから➡正そうとして背筋を伸ばす➡しんどい➡悪い姿勢、丸まった姿勢のままになる➡さらに背筋を使わないので金力低下➡もっと姿勢悪くなる➡軟骨がなくなってくる➡背骨が変形する

こんな悪循環に陥ってしまいます。

背骨を支える筋力をつけて、姿勢を正せば、負のループにはまることはありません。なので、そういった筋力をつくには、辛抱が必要です。筋肉がついてくるのは時間がかかります。

一週間に1か月などのスパンで考えるのではなく、半年一年くらいのスパンで考えて継続することが大切です。

それまでの、筋緊張や疲れ、痛みなんかは、鍼灸でウエルカムです!インナーマッスルもばっちり緩めますんで、是非ご利用ください。根気よく小さなことからコツコツと!です。






大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月16日水曜日

移行作業

横浜から大阪に移転に伴い、店舗を登録する全ての手続きが大変でした。新規でやるより大変だったかもしれません。

僕個人だと、
住民登録・印鑑登録・個人番号カード・国民健康保険・年金・年金基金・生命保険


・電話・プロバイダー・電気・水道・ガス・住宅の名義変更
・鍼灸院を届けている役所へ停止届(引き継げませんでした)、税務署への変更届。

厄介だったのは、引き継ぐ藤井先生との分でした。電話・プロバイダーが一番厄介だったかもしれません。

電話プロバイダーって、別々なわりに、一緒の契約になっているので、どちらかにいえば終わりでもなく、いちいち両方に言わないといけません。

しかも、同一の番号を他人に移行するなんてことは、ほとんどないんでしょうね。オペレーターの方が対応できません。二人で何度もおかけしました。

それと、さらに厄介だったのが、ネット関連のアカウントの移行手続きでした。

僕ら個人の鍼灸院というのは、ネットからの集客が非常に重要です。ただホームページをWEBに出していても、検索の上位に上がり、いろいろな方の目に止まらないことには、患者さんに来ていただけません。

横浜の時のアカウントを削除してもいいのですが、長いこと使っているものや、アクセス数が多いものというのは、検索順位のplus要素になるんですね。なので、それを引き継いだほうが、新規で始めるよりも有利になります。

 

北京堂横浜グーグルページ
北京堂鍼灸横浜グーグル
グーグルに登録している横浜ビジネスアカウントです。スマホやパソコンで検索した際に、店のHPが出る場合もあれば、検索するポータルサイトによっては、検索とは別にこちらのようなページが表示されます。そこに、店の情報や写真経路を載せておくと、患者さんは来院しやすくなります。

僕が登録したので、僕しか触れないので、譲渡手続きをしないといけない。しかも、こういったやつは電話でできないので、すべてwebでのやりとり、しかも向こうから返事はない。(笑)誤りがあるときのみお知らせが表示される。
まぁ厄介でした。藤井先生も初めてのことでてんてこ舞いだったと思います。

これもね。最初はわからなくて、名前や住所を変えたら、そのまま大阪で使えるのかと思いきや、やっぱりそうはいきませんでした。








https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&gws_rd=ssl#hl=ja&q=BABA%E9%8D%BC%E7%81%B8%E5%8C%97%E4%BA%AC%E5%A0%82%E5%A4%A7%E9%98%AA
BABA鍼灸北京堂大阪グーグル

で新しく大阪のやつを登録です。

いろいろ情報を打ち込むので、住所や電話番号など、自動的に頭にインプットされます。
江坂に、どんな鍼灸院があるかというのも自動的にわかるので、いい情報収集にもなります。

当然ですが、使用開始には、もろもろ手続きが必要で、時間もかかります。なので、検索に反映されるまで時間がかかります。実店舗として実際にやっているのか、写真の提出などを求められます。実際に見に来ているかはわかりません。(笑)

検索回数が増えてマップの上のほうに表示されたいものです。

グーグルのアカウントをお持ちで、うちの治療を受けたことがある人は、ぜひ口コミの記入もよろしくお願いします。







https://page.line.me/xat.0000193790.7ps
北京堂鍼灸横浜LINE


さらに、ややこしかったLINEのアカウントページの移行。見ると145人も登録している人がいます。今考えるとなかなかの数字です。
藤井先生が使えるように、スマホへの導入や、使い方などをレクチャー。一時は2人ともみることが可能でした。うちのホームページのトップページにも張り付けていたので、ややこしかったです。

それで、うちのページの諸々のリンクにこちらのアカウントを張り付けていたので、大阪の新規の患者さんが藤井先生のところに予約したりしてね。
ホームページのトップ以外に、予約ページのリンク、あるいはスマホのページのリンクなど目が行き届かないものもあったので大変でした。





http://smart4me.net/baba2                                       https://www.facebook.com/baba.pekingdo/
 
 
https://www.shinq-compass.jp/salon/detail/2167/  http://www.ekiten.jp/shop_388108/
 
 
 
http://babamads.blog.so-net.ne.jp/   http://katy.jp/yokohamapeking/
 
 
 
 
http://www.chiryoin.net/userhome.aspx?id=4550

スマホページやブログ、鍼灸などのお店のポータルサイト、facebook昔のブログや今も数件閲覧履歴のある携帯(ガラケーサイト)など、やりだしたら色々出てきました。

どこで、どのページを見ていらっしゃるかわからないですからね。この前も、うちのページを見ていらっしゃった方が、表示は大阪でも横浜鶴見って書かれているから、ほんとにあるか不安でしたっておっしゃってました。

??どれ見たんや~??って感じで調べてたら、スマホサイトの説明文(これは、ページに表示にされないやつで、HPの裏側みたいなところに入れ込む、キーワードや説明文です。)が横浜のままやったみたいです。

前使っていたソネットのブログも、弟子時代からやっていて長くやっていたせいか、今よりも閲覧数は多かったんですよね。まだ、その時の閲覧数に勝てていないんですよ。今でもひと月に、3000くらいのアクセスはあるので、そちらを変えておかないともったいないですよね。

そんなこんなで、ようやくすべて変わったかな~って感じです。今申請中なのは、アップルのマップの登録だったり、ヤフーのカテゴリー登録だったり、ちょいちょい抜け落ちているのがあるので、随時申請中です。

とまぁ、治療以外にもあれやこれやと、コツコツとやっています。



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000
http://www014.upp.so-net.ne.jp/pekingdo-ba/

2016年11月14日月曜日

肩甲下筋刺鍼

肩関節は球関節といって、非常に動かせる範囲が広い関節です。

単純にグルグル回せます。その分不安定なわけです。

肩甲骨につく筋肉が、肩の各動きを司っていますが、肩の動きというのは単純なものではありません。普段の姿勢や動きの繰り返しで、思ってもいないところに負担がかかっているかもしれません。

肩挙上外旋
 
 
肩を挙上している状態ですが、手のひらを上に向けているので、肩の関節に外ひねりが加わっています。単純に上げる動作だけでも、上げる、ひねるが加わります。

肩挙上内旋
 
こちらは上と逆です。肩を挙上して手のひらは下を向いているので、内へのひねりが加わっています。なので、肩を痛めた患者さんを診るときに、単純な動きだけだと患部を見落としてしまします。また患者さんの訴えでも、ある特異的な動きのみに痛みがでるというかたもいます。
 
だいたいにおいて、再現しにくいのが厄介です。来院していただいて、実際に目の前でその動きをやってもらうと、「あれ痛くない。。。」みたいなこともあります。(笑)

内旋位
 
少しわかりにくいかもしれませんが、腕を挙げずに、肩は挙上して、腕を内側にひねった状態をしています。デスクワークの方で、無意識にこんな感じになっている方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。
普段の動きを考えると、こうやって内にひねっていることが多いのではないでしょうかね。

パソコン肢位
 
例えば、パソコン中。腕を挙げて内にひねった状態をしています。これに、マウス作業が加わると、その傾向はさらに強くなります。
 
こういった、内ひねりの肢位で使っている筋肉が大胸筋、肩甲下筋、大円筋、広背筋になります。
 
全てのが自分でマッサージが可能ですが、肩甲下筋だけ筋肉全体をマッサージしにくくなっています。
肩甲下筋が緊張してくると、背中の肩甲間部のコリが強くなってきます。また、腋の後側がこってきます。後ろ側のこりは自覚はないことが多いです。
 
 
 
背中の手をやる動作がつらい人、硬い人は肩甲下筋に緊張がみられることが多くなります。
 
そんな方には、鍼灸での肩甲下筋刺鍼です。横向きになっていただき、背中側から肩甲骨の内側に刺鍼していきます。
 
肩甲下筋刺鍼
肩甲下筋刺鍼


 横向きになっていただくのですが、○腕の位置○肩甲骨の角度○鍼の向きが重要になってきます。これで、当たり方が随分と変わってきますので注意が必要です。

それと、患者さんによっては、肩甲骨周りがガチガチで肩甲骨が浮き上がってこない人もいます。その際は、刺鍼しにくいのですが、しっかりと肩甲骨の間にいれていくと、ちょっとずつ柔らかくなってきます。巷で、マッサージによる肩甲骨はがしがありますが、鍼だとダイレクトにあてれますし、肩甲骨に沿わして打つことも可能なので、文字通り肩甲骨はがしが可能になります。

仰向きで、腋のところに刺鍼するやり方が多いのですが、横向きでやるほうが、筋肉に対する刺鍼範囲も広く効果的です。

知り合いの先生方に講師がてら、久々に鍼をやってもらいました。しかも肩甲下筋刺鍼はやるばっかりで初めて受けます。なかなかいい響きです。

野球やテニス、水泳などの、肩を使う競技の人にも効果的です。
 
 
 
 
大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月11日金曜日

鍼灸院治療マニュアル

昨日、北京堂京都の岡田先生が遊びに来てくれました。

東京に修行にいらっしゃっていた時からの付き合いで、同い年だったり、大学が同じだったりと共通点も多く、色々相談にのってもらったり、家族の話や僕のはまっているFMの話など、楽しい時間を過ごせました。

うちの師匠である浅野周が出版した本「超初心者用 鍼灸院治療マニュアル」を持ってらっしゃったので、少し読ませていただきました。


もう一冊、開業マニュアルを出しているのですが、治療編が少ないということで、今回の本を出したようです。とりあえず「超」という字を是が非でもつけたかったようです。

北京堂でやっている実際の治療方法が書かれているようです。内容は詳しくよんでいないのですが、前書きやあとがきなどを少し読むと、常々おっしゃっている現在の鍼灸界を憂いていたり、自分のやり方をマニュアルとして出しておかないと、自分がなくなった時に、「元祖北京堂」と言いだす弟子が出てくるなんかも書かれていました。(笑)

たぶん内弟子の先生方はそんなことを言いださないと思いますが、見学者や外弟子のかたは言うかもしれませんね。

以前、大勝軒のことを絡めた「お家騒動」の記事で書きましたが、関わる人が増えてくるとややこしいもんです。一部では、浅野式、北京堂式、二天堂式、つばめ式だとかに分けれらるそうなんです。(笑)なんのこっちゃですけどね。

内弟子と外弟子の区別も浅野先生にしかわからないですし。しかも一子相伝のような難しいものでもないですし、誰でもやろうと思えば出来るやり方です。

だから、タイトルにもあるように「超初心者用」なんだと思います。ややこしくならないようにしてほしいもんです。

さて、自分の鍼灸に対するあり方も、考えないといけないなとも思います。ヒヨっこヒヨっこと思っていましたが、来年で免許を取って10年になります。自分でそう思っていても、周りはそう思ってくれませんよね。臨床にでていたら尚更です。

まぁ、立ちあげたところなんでなんともですが、翻訳や後進の指導など、自分の出来る形で何か鍼灸界に貢献したいと思っています。


大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月7日月曜日

LINE

line://ti/p/@xza3197x
LINE@
当院では、ラインを使っての予約ができるのですが、サイトのIDが横浜のときのままのものもあったりして、患者さんが横浜に問い合わせるなど、ご迷惑をおかけすることがありました。失礼いたしました。

BABA鍼灸北京堂大阪
LINE予約
ID:@xza3197x



大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月5日土曜日

鍵交換




色々な人が物件をみてるし、おそらく前に入っていた人も合鍵があるだろうから、落ち着いたら鍵の交換をしたほうがいいですよ。

そんなことを不動産屋さんから教えてもらっていたのですが、ようやく完了しました。


鍵の交換なんて、そうそうやる機会がないじゃないですか?

いい機会なんで自分でやってみたんですけど、おもしろいもんですね。鍵の構造なんて見たことなかったですし、どういう風にしてドアについているなんかも知らなかったですからね。防犯上大事なものなので、なるほどな~って感じです。

この鍼灸院自体も、患者さんにとって居心地のいいもの、僕が治療をする上で機能的であるものを、常に考えています。
バックヤードもフックを取りつけたり、いらないものを持って帰ったり、コンパクトに使いやすくなってきました。まだまだやることがあるのですが、ちょっとづつですね。長いこといる空間なので、気持ちよく動いて、気分よく施術できるようにブラッシュアップです。

当たり前のことですが大事ですね。

当たり前といえば、昨日福岡から引っ越してきた方がいらっしゃって、お話をしていたんですけどね。

福岡は一時話題になっていたPM2.5とかどんな感じでした?って聞いたら。
大阪の空気が綺麗でびっくりした。っておっしゃってました。(笑)

びっくりしません?大阪の空気が綺麗??大阪の??(笑)

自分の中ではかなりの衝撃でした。
聞くと、常にもやがかかった感じで、変な咳をしている人も多かったり、髪の感じがこっちと違うかったり、目がごわごわしたりと、福岡では当たり前だったけど、こっちに来てそういったことが解消されると、大気の状態が悪かったんだなと実感しました。とおっしゃっていました。

自分が当たり前にしていることは、環境が少しかわれば当たり前じゃなくなります。

体に関してもそうです。当たり前に思っている疲れや痛みが、当たり前でなかったり。健康で気にしなくていいことを病気と思っていたり、すこし見方を変えると大きく印象が変わるかもしれません。

他人に任せず自分でやってみると、色々なことがわかるかもしれませんね。


大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月4日金曜日

カード決済





うちは鍼灸院ですがカード決済が可能です。VISA,JCBなど各種使えます。

楽天のスマートペイというものを利用しているのですが、このほどさらにリニューアルされ、便利に使えるようになります。とはいえ、楽天IDをお持ちでない方は、今までと変わりませんが、楽天IDをお持ちの方は是非こちらをご利用ください。



今までは、患者さんにカードを出してもらい、このような端末を利用して決済をしていたのですが、楽天IDをお持ちの人は、カードを出さなくてもよくなりました。



AppストアかグーグルのPlayストアどちらでも結構ですが、「楽天ペイ」アプリをダウンロードしていただき、ご自身のIDやパスワードを入力していただければ、ご自身のスマホで決済が可能になります。


ご自身のスマホに金額を入力して、画面をスイープするだけで決済が可能になります。或いは

僕のスマホに出ているQRコードを患者さんのアプリで読み取っていただければ、決済完了です。

楽天カードをお持ちの方なら、ポイントが1.5倍ついて、楽天ポイントでの支払も可能になります。

まだ浸透していないようですが、楽天カードをお持ちの方は、うちの治療でどんどんポイントを貯めていただければいいかなと思います。


大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月3日木曜日

11月3日文化の日も営業しています。

大阪は気持ちのいい秋晴れですね。
 
こちらは通常通り営業しています。
 
 
 
大阪吹田-江坂駅の鍼灸院
BABA鍼灸北京堂大阪
吹田市豊津町18-4ウイニング・パラ江坂1B
電話:06-6821-3000

2016年11月2日水曜日

誘導灯

ドアが一つしかありませんし、30㎡ほどの小さな空間ですが、消防からの指摘があったらしく、誘導灯がつきました。

可愛らしいのがついています。はじめは昔ながらの長方形の大きいやつをつけるみたいなことを言われたのですが、さすがに勘弁してくれということで小さいやつにしてもらいました。

火元というとお灸くらいですが、両隣は飲食店なので、なくはないですかね。ただ誘導も何もね。(笑)

そんなついでに、一つ気になっていたことを解決してもらいました。


天井の奥にある配線の束です。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、コンクリートに穴を開けて、外から配線を引き込んでいるので、穴が開きっぱなしだったんですよね。なので、そこから他の店舗の匂いだとか風だとか入り込んでいたんです。その穴をパテで埋めていただきました。

隣は居酒屋さんなので、時間によってはそちらの匂いが香っていましてね。夜なんかお腹がグゥグゥ鳴る原因になっていました。(笑)

それが塞がるのでいくらかましになるんじゃないかな~と思っています。

店舗の入っている1階は、もともとマンションの駐車場だったそうです。江坂という土地柄、単身赴任の人が多かったり、1人暮らしの人が多かったり、或いは立地がいいので、車を必要とする人が住人にいなかったんでしょうね。

空いているのはもったいないということで、テナントとして貸し出したようです。

なので、こういった配線や水回り、ガス、電話、インターネットなど、後付けなので、おかしな所がちょこちょことあるようなんです。

さて、ボチボチと寒くなってっきましたね。治療所のベッドにもそろそろ電気カーペットを入れて、冬支度をしないといけないなぁと思っています。新店舗で迎える初めての冬です。冷え具合がどんな感じなのか、ヒーターが必要なのか、結露はどんな感じか。

横浜の築50年の家と比べたら、全ての面でマシであってほしいですね。(笑)